ImpressCMS
お客様の成長を応援する会社です。
タクミク・ATR合同会社
808-0102 北九州市若松区二島東5-1-3
093-701-6011   093-701-6015

Tacmic-ATR Topics

臨時休業

  • By 管理人
  • 2013-09-09
  • 861
  • Tacmic情報
タクミク・ATR合同会社です。
本日(9月9日)は本来業務を行う日ですが、諸事情により本日は休業とさせていただきます。
9月10日より通常業務を行いますので、何卒ご諒解のほどお願い申し上げます。


エモーションな人

  • By 管理人
  • 2013-09-06
  • 1085
  • Tacmic情報
私が主催するナチュラルパーソナリティは、心理学をベースにしており
人の性格を3つに分類しています。


 

その一つがエモーションタイプ。

エモーションタイプに属する人は、判断基準に「感情」が中心になります。

好きか嫌いか、楽しいか楽しくないか、気が進むか進まないか・・・・
だから、エモーションタイプの人は、理屈よりも「好み」が優先されることになります。

また、エモーションタイプの人は一人で行動するよりみんなで行動するのが大好きです。
極端な人は一人ぼっちになってしまうと、死んでしまうくらい孤独感を感じます。

感情が先立つタイプなので、エモーションタイプの人に「いいからやれ!」といったり、本人がやる気になっていない時に、やってほしいと説得しても、なかなかうまく行きません。
「一緒にやろう」という感じで話を進めるといいんじゃないかと思います。

ナチュラルパーソナリティは、そんな自分の本来の性格分類をベースにした、人間関係へのアプローチプロセスです。

興味があるかたはご連絡ください(^o^)



アクションな人

  • By 管理人
  • 2013-08-29
  • 781
  • Tacmic情報
私が主催するナチュラルパーソナリティは、心理学をベースにしており
人の性格を3つに分類しています。


 

その一つがアクションタイプ。

アクションタイプに属する人は、なにか(人だったり、物事だったり、事件だったり)に反応するときに、「まず行動してみる」タイプの人です。

「アクション」というくらいですから、動きは早いです。

イメージとしては、「モノを言う前にまず実行」です。

又考え方の基準として
・努力や行動そのものを重視する
・目標達成への意欲が強い

なんかもあげられます。

アクションタイプと一緒に仕事をしようとした時、気分的な部分で相手を説得しようとしたり、くどくどと曖昧な形で話をすると逆効果になります。

とにかく「結論は何?」と、結果を聞きたいのと、結果なり目標なりが生まれたらとにかく前に進んでいこうというタイプになります。
説得するときには、小手先の策を講じるというよりは、正攻法で話をしたほうがはなしが早いということが結構あります。

 

ナチュラルパーソナリティは、そんな自分の本来の性格分類をベースにした、人間関係へのアプローチプロセスです。

興味があるかたはご連絡ください(^o^)


シンキングな人

  • By 管理人
  • 2013-08-26
  • 811
  • Tacmic情報
私が主催するナチュラルパーソナリティは、心理学をベースにしており
人の性格を3つに分類しています。


 

その一つがシンキングタイプ。

シンキングタイプに属する人は、なにか(人だったり、物事だったり、事件だったり)に反応するときに、「まず考える」タイプの人です。

シンキングタイプの行動基準は
・まずは物事に対して考える
・将来のことや、バランスを重視する
・「納得」したら行動を開始する

です。

シンキングタイプと一緒に仕事をしようとした時に

「これやりがいがあるから、とにかくやってみよう」

だとか

「とにかく始めよう。そこから何かが生まれるから」

なんてことを言っても何の説得もできません。

「こうだから」「そしてこうなるから」などと
しっかりと論理的にプロセスまでを含めて、自分が納得できるような材料を提示し、本人が納得した上で行動させると、本来の力以上を発揮します。


ナチュラルパーソナリティは、そんな自分の本来の性格分類をベースにした、人間関係へのアプローチプロセスです。

興味があるかたはご連絡ください(^o^)



情報の価値は無償か

  • By 管理人
  • 2013-08-22
  • 863
  • Tacmic情報
私どもの会社は、パソコンの問題が発生した時に問題を解決してさし上げることもあります。

で、パソコンの中の情報はおそらくお金では変えられないほどの価値を持っている時もよくあります。

あるとき、突然パソコンが動かなくなって、ほしい情報を得られなくなることがあります。
また、とつぜんパソコンに変な広告みたいなのが出てきて、パソコンが遅くなってしまい業務の効率が悪くなることもあります。

そういう時に、私が呼ばれます。それも緊急に。

「****なので、いくらかかってもいいから、この情報を取り戻してください!」
という感じでですね。

で、なんとかして変な画面をもとに戻したり、ちゃんとパソコンを立ち上げるようにしたり。
解決して動くようにします。

その時にハードディスクが半分破損していて、ハードディスクを交換した時にはハードディスクのお金は払ってくださいます。いわゆるハードウエアにはお金を払ってくださいます。

でも、ハードウエアに問題がなく、Windowsのバグだったり、ハードディスク内のデータ構造がおかしくなっていたのを修復するという、ハード交換を伴わない作業で解決した場合、

私の作業に対して、何ら価値を認めてくださらない方が多々おられます。

1日作業にかかったとしても、1時間で終わったとしても、
出てきた問題を解決するためには、私が時間とお金をかけて培った知識や知恵を使って
お客様のために必死にしていたつもりでも

その会社の従業員さんに払う日給程度の金額を支払うことすら「もっと安く」と言われることも多々あります。

そう言われてしまうと、残念ですがすごく悲しくなり、「情報は無価値なんだな」と感じます。

皆さんの会社の情報は無価値でしょうか。それともちゃんと価値があるでしょうか。

自動車が事故を起こした時のための保険も多額のお金がかかります。情報破損の予防にもお金がかかることをちゃんと理解してください。
それが自社でやるにせよ、他社に任せるにせよ、それをけちると何かがあった時に後悔することになりますので、情報の保険はしっかりとしてくださいね(^^)







アーカイブ | RSS |

このページをシェア!
ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: MySpace ここでブックマーク: Del.icio.us ここでブックマーク: Digg ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google ここでブックマーク: Diigo