ImpressCMS
タクミク・ATR合同会社
806-0028 北九州市八幡西区熊手2-3-27 2F
TEL 093-701-6011 FAX 093-701-6015

Topics

さてあと1ヶ月。

  • By tac
  • 2022-11-30
  • 34
  • TOP
イメージ写真は台湾の新幹線(高鉄)の写真。
日本から輸出していますから、当たり前ですが全く違いがありません。

さて、11月30日。若干平年並みの寒さになりました。
よく考えてみたら、30年前のこの時期はそろそろスキーに行きましょうかという時期でしたが
いまは温暖化の影響ですね。スキーのすの字も出ないですね。

11月もいろんなことをさせていただきましたが
まだまだ積み残しがたくさんあります。
今年も残すところ1ヶ月。

やるべきことをきっちりやっていきましょう!
あ、私がですね。みなさんは違いますね。

 

開国

  • By tac
  • 2022-11-24
  • 47
  • TOP
新型コロナウイルスの問題が発生した2020年3月以降、日本は実質的に鎖国状態になりました。
もちろん江戸時代の鎖国に比べると多少の人の流れはありましたが、それも大変な状況でした。
それがようやく2022年10月より「開国」となりました。
ワクチン接種3回の証明書があれば、ある程度自由に海外に行けるようになったわけです。

さっそくずっと行きたかった台湾に先日行ってきました。
よく使用していたLCCのピーチ便はまだ動いていませんので、普段の倍くらいの値段がかかりましたが。。。

で、行ってみましたが、ほぼ日本語は聞こえません。
前に行ったときは、ここあそこで日本語が聞こえていましたが、本当に時々しか聞かれません。
開国したとはいえ、まだまだ良く言えば慎重な日本人気質なのでしょう。
同時に西洋の人もそれほど多くなかったような感じでした。

そしてこの2年半の中で多くのものが変わっていました。
定宿にしていたホテルは、現在新型コロナウイルス感染者の隔離病棟みたいになっていて利用できず。
スーパーに行きましたが、台湾のお土産品が所狭しと並んでいたエリアは見事に台湾の人向けのコーナーに。
観光客でごった返していたマッサージ屋さんはほぼなくなっていました。
コンビニも日本人が買いそうな品物はほぼ撤収。台湾の方が買いそうな品物ばかりに。
日本がインバウンドがなくなっても行きていくために業態を変えたように
台湾の方々も同じことをやっていたわけですね。

台北の有名な鼎泰豊にも行きました。3年前に行ったときは日本語が対応できる方々がたくさんいましたが、それも減っていました。頑張って台湾華語で話しますが、数年話さないだけで聞く能力がほぼゼロへ。
最終日はようやくちょっと耳がなれてきましたが、それでも悲しくなるくらい通じない。
脳みそも筋肉。使わないとだめになってしまうんですね。

それでも、きっと少しずつ日本にも観光客がやってきて、日本からも観光客が出かける。
ゼロコロナ政策の中国がそこに含まれるのはまだまだ時間がかかりますが
それでも開国して、いろんな国々との交流ができるようになったことは、本当に幸せなことだと
実感しました。

ただし、入国の対応は大変でした。日本は厳しすぎるのかも。

おや半月が経っていた

  • By tac
  • 2022-11-15
  • 59
  • TOP
11月1日に投稿してから、あっという間に15日ほど経ちました。
その間件名に仕事をしていたというより、仕事に追いまくられていたような感じがしています。

一つはお客様のところの会員管理アプリ
もう一つもお客様のところの団体の管理アプリ
さらにはもうひとつのお客様のところのアプリのバージョンアップ
なんだかそんなのばっかりのような感じです。

そんな中100年企業の一つの鹿田産業をお邪魔しました。
福岡県中小企業家同友会の北九州地区の新年祝賀会でお話をいただきます。
詳しくは語れませんが、鹿田社長の話を聞くときっと元気が出ます。

そんな講演会のPR文章もひねり出しました。

8億の売上に対して8億の在庫。父の会社に戻ったときに唖然とした莫大な「財産」。
このとき彼は百年前の創業時からの事業の一つであり、福岡県が誇る伝統工芸でもある簾(すだれ)づくりに主軸を置くことに決めた。しかし和室のある家はどんどん減少し、絶滅危惧種の業種の一つ。ただ作っても売れるはずがない。
ではどうすれば売れるのか。それは作ったものをそのまま販売するのではなく、欲しい人が欲しいなりの一品を作って差し上げること。コントラクター。そう考えた彼はターゲットを一つに絞り営業展開を行い、成功を収めるはずだった。
しかし新型コロナウイルスという怒涛の波が押し寄せ、そのモデルは飲み込まれてしまった。しかし彼はあきらめない。
いち早くコロナ禍を普通の生活に変えた欧州への市場に目を向ける。さらに簾はこんなものだという固定観念も捨て、新しい市場に乗り出している。
簾をあきらめない。どんな時でも解決策を模索する。常に前を向き続ける漢の話を聞こう。
そして2023年も、みんなと一緒に力強く生き抜いていこう。

ご興味がある方。1月26日に、小倉リーセントホテルでお会いしましょう。講演のみの参加は無料です。
 

11月になりました

  • By tac
  • 2022-11-01
  • 80
  • TOP
11月になりました。
この間2022年が始まったと思ったら、もう2023年が目の前に来ています。
すごいもんです。年月の経つのは早いです。
ということで。

ちょうど30年前の11月2日。
私が父親と呼ばれる存在になった日です。
長男が生まれました。
あまりいい産婦人科にかかってなかったもので、対応がすごく悪かったのが悔しいところですが
母子ともに危険な状態になりました。
現在はそんなことを忘れたかのように元気で生きています。

そして今年は私が祖父と呼ばれる存在になった年です。
長男に娘が出来ました。

人生の一つの目的である、地球上でしっかりと人類が存在し続けるバトンをつなぐこと
これはなんとか達成出来た気がします。
まだ次の目的である、地球上で自分が存在した足跡を遺すこと。
これはまだまだ出来ていません。

よし頑張ろう。


 

近頃焼酎の話ばかりなので

  • By tac
  • 2022-10-14
  • 93
  • TOP
久しぶりに仕事の話題から。
ホームページのサーバーって、昔からapache(アパッチ)というソフトが主流だったのですが
nginx(エンジンエックス)がドンドン主流になってきたのです。
で、impresscmsのように、動的なページを作るのは余り得意じゃないということだったので、いままで全然使っていませんでしたが、ちょっと使ってみようかなと思い、挑戦してみました。

結果は。
impressCMSで、自由にページを作ることができるモジュール(単機能ソフト)のところで
検索しやすくするためにURLを書き換えるという機能をつけていたのですが。。。。
apacheとnginxの書き換えルールが違うということで。。。。

動かんがね。

ということで、私にはnginxは似合わないということが証明された。
この忙しい時の2日間を返してくれ。
って、私が勝手にやったんだけど。

むーーーー。

焼酎試飲レポート 〜赤五代〜

  • By tac
  • 2022-10-10
  • 125
  • 焼酎の部屋
みなさん、三連休はいかがお過ごしでしたでしょうか。
さて、焼酎のご紹介です。
今回は山元酒造の赤五代という焼酎です。
山元酒造といえば、さつま五代という焼酎が有名な蔵です。薩摩川内市ですね。
いい意味の薩摩の芋焼酎を飲ませてくれる蔵です。

で、今回は赤五代。
この焼酎は、紅あずまというさつまいもを使っているのが特徴。だから赤なんでしょうね。
今回はまずはロックで飲んでみました。
うん。クセが強い。チェイサーが必要です。

では、お湯割りは。
一口飲んだ瞬間に、芋の独特の味がガツンと来ます。
しかーし。3秒くらい経つと、その独特の味をまた味わいたいと思う自分がいる。
そんな焼酎です。
一般的にいうと飲み過ぎてしまう焼酎になります。

いまから少しずつ寒くなる季節。この赤五代。いい感じで私たちを暖かくしてくれます。
水割りは大隅、お湯割はやっぱり薩摩ですね。

#さつま五代 #赤五代 #焼酎 #芋焼酎 #山元酒造 #お湯割り #飲み過ぎ注意 #ひさぱぱ

焼酎試飲レポート 〜赤猿〜

  • By tac
  • 2022-10-06
  • 130
  • 焼酎の部屋
さて、久しぶりの焼酎試飲レポートです。
今回は「赤猿」。小正醸造の焼酎です。
小正醸造の有名な焼酎といえば、小鶴ですね。あとは鹿児島限定の銘柄がたくさんあります。
この赤猿、似たようなものに黄猿があります。使っているさつまいもと麹が違うんですね。
で、赤猿の話です。
農林56号というさつまいもです。いわゆる紫芋みたいなやつ。
とりあえずロックで飲んでみました。
ロックはちょっと飲んだときの口当たりがピリピリっとしますね。尖っています。
ということで水を足して水割りにしてみました。
うん。美味しいです。
若干口当たりがまろやかですが、スキッとしたキリッと感が後から来ますのでおすすめです。
日置郡の蔵ということで、薩摩半島。お湯割りがおすすめかもしれません。

小正醸造の鹿児島限定の焼酎に薩摩維新というのがあります。今度行ったときにはぜひ買ってみたいです。

#赤猿 #黄猿 #焼酎 #芋焼酎 #小正醸造 #水割り #お湯割り #薩摩維新 #ひさぱぱ
 

焼酎試飲レポート 〜伊佐舞〜

  • By tac
  • 2022-09-24
  • 240
  • 焼酎の部屋
まだ逆鉾を飲み干していない状況ですが、今日はずっと呑みたかった焼酎のご紹介です。
その名も「伊佐舞」。
伊佐錦を作っている大口酒造の伊佐市限定の焼酎になります。
伊佐という地域にこだわっているこの焼酎は、ネットでも買えるようですが、やはり伊佐市で買いたい!
ということで休みの日に伊佐の中心「大口おおくち」に行きましたが。。。。
大口の酒屋さんは、日曜日は閉まっとるんですよ。で、全然買えなかったのですが
知り合いが知り合いの知り合いに毎年もらっているということで、皆で試飲会をしました。
まずは、ロックで。
まず口に含んだ瞬間、伊佐錦に合い通じる独特の味と香りが口と鼻を通っていくのですが
その後、
すーっと芋臭さが消え、焼酎の旨味だけが残るのです。
まあこれはびっくり!
これは確実に呑みすぎる焼酎です。ロックだと危険です。
ということで水割りに変更して呑みましたが、いつまでたってもおかわりが欲しくなる。
そんな焼酎です。
みなさんも伊佐地域に行かれたら、ぜひご購入を!そして私にもおすそ分けを!

#伊佐舞 #伊佐錦 #焼酎 #芋焼酎 #大口酒造 #ロック #水割り #ひさぱぱ

親子でラジオ

  • By tac
  • 2022-09-13
  • 189
  • TOP
私は月に2回、Air Station HibikiというコミュニティFMでラジオ番組をやっております。
まち★ナビという番組ですね。
コミュニティFMは地域の小さな小さなメディアになりますね。Air Station Hibikiは若松区と八幡西区の北の方で聞くことが出来ます。

で、たまたま友人の結婚式で帰ってきていた、いま絶賛俳優勉強中の娘が多少PRしたいということで、
番組で紹介させていただきました。
まあ、パーソナリティの立ち位置と、親としての立ち位置がなかなか難しかったところはございますが
やっぱりそれなりに楽しかったですね。

今度の放送は16日。私自身が出張なので、私よりも話がうまいかもしれない?方にピンチヒッターをお願いしましたので、ぜひぜひ今度の金曜日の18時から、皆さんで聞いてください。
よろしくおねがいします!

焼酎試飲レポート 〜逆鉾〜

  • By tac
  • 2022-09-11
  • 220
  • 焼酎の部屋
今日は、また新しい焼酎をレポートです。
日当山酒造の逆鉾という焼酎。
日当山酒造といえば「アサヒ」が有名ですね。はい。
逆鉾は鹿児島でしか買えない焼酎のようで、私も初めて知りました。
とりあえず水割りで飲んでみました。
口当たりは「芋!」でしたが、喉を通るときには、スッキリ!
びっくりな感じです。
これは酒が進むに違いありません。

鹿児島でこの焼酎を見つけたら、ぜひとも買っておくことをお勧めします。
ちなみに、日当山酒造のホームページにも逆鉾は掲載されていないですね。なぜだろう。

ちなみに逆鉾は、高千穂峰に刺さってます。興味がある方はぜひ登ってください。
私はもちろん登ったことがありますよ。

#逆鉾 #焼酎 #芋焼酎 #日当山酒造 #水割り #お湯割り #ひさぱぱ
 

アーカイブ | RSS |