ImpressCMS
タクミク・ATR合同会社
808-0102 北九州市若松区東二島5-1-3
TEL 093-701-6011 FAX 093-701-6015
お客様情報 > ImpressCMS Japan

RSS ImpressCMS Japan

最新情報

コアファイルダウンロード

発行日2019-06-03
impressCMSのコアファイル(公式サイト版と、日本サイト版)をダウンロードできるように設定しました。 モジュールについてはもう少々お待ちください。 日本版には、以下の特長があります。 ◎スライダーを使う場合にはsliderモジュールが必要です(impresscmsテーマを参考に)  コントロールパネル内のsliderで画像追加削除などを行うことができます。 ◎PHP7に基本的に対応しています。 ◎ブロック管理とテンプレート管理についてはd3モジュールのことを考えてaltsysモジュールを活用しています。 モジュールは公式サイトからダウンロードすることも可能です。ただし、その場合はPHP5.6以下でご利用ください。

impressCMS Japan 改装しました

発行日2019-06-03
impressCMS日本版のサイトを改装しました。 impressCMSのバージョンは日本語版のみの1.4。本家impressCMSの1.4及び2.0のアルファ版を参考にしながら 修正できるところは修正して、運用しています。 今週中にはダウンロードができるように整備をしていきます。 とりあえずは見た目をご参考に。 ちなみに、日本語版のimpressCMSのモジュールテンプレートはBootstrapではなくgroundworkcss2をベースに構築しています。理由はなんとなく簡単そうだったので。  

impressCMS JAPAN 改装中

発行日2019-06-02
現在impressCMSサイトを改装中です。 で、データを整理してみたら、このimpressCMSをフォローするようになったのが2009年。 もう10年になります。 バージョンも、1.1シリーズだったのが、1.2シリーズになり、1.3シリーズを経て、1.4シリーズへ。 10年前からバージョンアップをしながら続いているこのシステムに敬意を払うと共に 10年以上前にこのシステムを構築・運用していた先人たちに本当に敬意を払います。 今回の日本サイトでは、groundworkcssを最大限に活用しました。 世の中bootstrapが結構全盛ですが、あえてこちらで。 これも便利に使っています。 とにもかくにもがんばります。 少しずつ充実をしていきますのでお楽しみに。

PHP7対応中

発行日2019-05-07
皆様ご無沙汰しております。 ほそぼそとimpressCMSのメンテナンスを続けています。 impresscms本家では2.0に向けての動きが少しずつおこっていますが こちらでは、とりあえず現行のものでphp7.0及びmariadb10.2に対応できるよう メンテナンス中です。 GW中でもちょっとずつやっていましたが 今後加速させていきます。 とりあえずの近況報告でした。

impresscms 1.3.11

発行日2018-12-12
随分、impressCMSの情報が出てこずにすみません。 粛々とimpressCMSサイトを構築しています。 ようやく1.3.10から時間が経ち、1.3.11の誕生を迎えようとしています。 日本語版についても、1.3.11に対応して行っております。 2.0については、まだ時間がかかりそうですので 早い時点でのリリースができるように頑張っていきます。  

impresscms進行中

発行日2018-04-10
現在impresscms2.0への開発が進行しています。 xoopsからxoopscubeへの流れに似ていて、wwwのルートディレクトリには余りデータを入れずに、その上のデータを読み込むような仕組みにしようとしているようです。 で、phpの対応は7.0に進化。 現在はまだアルファリリースですが、うまい具合に早くなったり、簡単になったりしてくれたらいいなーなんて思いながら楽しみにしています。 日本語対応なんかはまだ全く。 あたりまですが。  

downloadsモジュールに注意

発行日2018-03-13
全く私自身は気づいてなかったのですが impressCMSでファイル配布モジュールDownloadsというのがあります。 このサイトでも配布している(はず)だったのですが なんと、リンクが切れているという連絡を受けました。 私が作ったモジュールではないし、モジュールの一般的な観点で モジュール独自のデータを構築してそれを運用する (インストール時にテーブルを作成し、アンインストール時にテーブルを削除する) だと思っていたのですが Downloadsモジュールは、impressCMSがインストール時に作成するテーブルの一つである icms_data_fileと言うやつを使っていることに気づきました。 で、もともとこのサイトを仮に作成しているときには別のURLで仮運用し 正式運用のときに正式URLに変更しているのですが まさかここに「URL込みで記述されている」とは思わずに、無視していました。 もしダウンロードしようとした方がいらっしゃってもきっと繋がらずに不満だったと思います。 申し訳ありませんでした。 びっくりだ。  

impresscms.meを廃止

発行日2018-03-02
impressCMSを使い始めた頃、日本語のサイトを作りたかったんですが、 impresscms.jpは他の方が取得されていたんで、非公式に始めたのが impresscms.meというドメインでした。 その後、impresscms.jpが取得できるようになり、いまはそちらを使っていますが なんとなく使っていたのもimpresscms.meでした。 いよいよ更新期限が来ましたが、更新をしないことを決めました。 今後は、impresscms.jp一本やりで行なっていきますのでよろしくお願いします。  

ダウンロードの権限

発行日2018-02-14
ダウンロードの、閲覧権限を設定していなかったため、管理人以外は全く情報を見ることができないということになっていました。 慌てていろんなことをやると問題ですね。 もしダウンロードできねーぞ!と思われた方、申し訳ありませんでした。  

便利なCMSです。

発行日2018-02-11
お間抜けで、uploadsフォルダのニュース関連を書き込み可能にしてなかったので、 画像が貼り付けられなかったというお粗末な投稿でしたが 今度は間違いないと思います。