ImpressCMS
タクミク・ATR合同会社
808-0102 北九州市若松区東二島5-1-3
TEL 093-701-6011 FAX 093-701-6015

タクミク台湾情報

今更ピンイン と都道府県


 
バタバタしてだいぶ投稿が空いてしまいました。
いまさらながら、中国語の発音のことを記したいと思います。
日本語も橋と箸は発音が違っていたりしますが、中国語にもあります。
というより中国語はもっとたくさんあります。
同じ「まぁ」といっても5パターンの言い方があります。台湾の場合は結構適当になっている部分もありますが、そこは一応知っといたほうがいいと思います。
アクセントはアルファベットの母音の上にくっついている線。これをピンインといいます。
これを知っとくと、アルファベットで書かれてるのを読むと中国語っぽく聞こえてくれるので便利です。(いやそれが正しい中国語の読み方でしょっていうのは置いといて)
で、パターンは以下の5つ。


ā → 高い音であーという
á → 低い音から高い音にあーという
ǎ → ふざけるなと言う気持ちであーという
à → なるほど!のときのイメージであー
a → 感情もなく あ


なのでございます。

それと、子音と母音の組み合わせって、ローマ字と違うんですよ。
たとえば、イラストにある「ma」は日本語では「ま」なんですが、中国語ではなんとなくなんですが「もぁ」っていう感じになります。
なんで、mが「も」になるのか。そこはわかりませんが
bはブー pはプー mはムー fはフー
dはドゥー tはトゥー nはヌー lはルー
gはガー kはカー hはハー
jはジー qはチー xはシー
zhは口つぼめてジー  chは口つぼめてチー shは口つぼめてシー rは口つぼめてリー
zはズー cはツー  sはスー
となりますので、caとピンインが書いてあったら「ツァー」なんていうとかっこいいかもしれません。

みたいな感じになるわけです。

で、最後のzhとzの違いなんですが台湾ではzhがzにchがcに、shがsに変化しているそうで
美味しい!というのを

好吃
ピンインだとhào chīですので、ハオチーと言いたいところなんですが
台湾の方はhを取っちゃうもので、
hào cī となり、cはiがついててもツーと読むらしく、ハオツーになるんですね。

夜市で有名な士林もピンインは「shì lín」ですが、h取っちゃうと「sì lín」となり、スーリンと読むそうです。
私もおいおい慣れてきた感じですね。

母音の読み方も日本のローマ字とは微妙に違って
iaと書いてあったら イアではなくイヤ
aoと書いてあったら アオではなくアォ
ioと書いてあったら イオではなくイヨ
oaと書いてあったら オアではなくウア
ianと書いてあったら   イアンではなくイェン
そのくせ、iangと書いてあったらイアン
üanと書いてあったら ユアンではなくユエン
engと書いてあったら エンではなくイン

なんですなー。なんとなくですよ。なんとなく。

あれ。都道府県はどうなった。
次回の講釈に譲りましょうかねー。





 
  • By 管理人
  • 2020-02-18
  • 671
  • 台湾華語